保護犬譲渡の理想のシステムを目指して(かっしー動物病院/千葉県) | anifare( アニフェア) - 獣医師賛同の保護犬・保護猫の里親募集サイト

anifare( アニフェア) - 獣医師賛同の保護犬・保護猫の里親募集サイト

保護犬譲渡の理想のシステムを目指して(かっしー動物病院/千葉県)

anifare賛同の理由について教えてください!

anifareさんへの賛同理由ついてについてですが、私、個人的に4年間ほどボランティア活動、シェルター活動をしており
その中で(自身で)思ったのが、(保護犬・保護猫の)認知度の低さだったりだとか
飼える基準の高さが非常に条件が厳しいということもあり、ボランティア側からすると費用だったり資金、人手の不足等、問題様々あります。
その中で海外のように、保護犬(保護猫)や引退犬といったワンちゃん達をいかに飼いたいと思っている人たちに届けるといったようなシステム、お店ができるといいなぁとずっと思っておりました。
今回賛同したい理由としては自分が理想とするそういうシステムをanifareさんもやっていただけるということなので賛同させていただきました。

保護犬、保護猫譲渡について

昨今の保護犬保護猫の団体等についてですが、飼えるかどうかの基準というのがとても高いですね。
ハードルがとても高いのでそこで諦めてしまう人が多いです。そのイメージもまた非常についてしまっていてなかなか飼おうと思う人が少ないっていうのが現状です。

また団体も全国にたくさんあり、それぞれがそれぞれで頑張ってはいるんですが、逆に多すぎてどこで保護犬(保護猫)を譲渡してもらったらいいのか。どこで迎えいれた方がいいのかがわからないっていう方も多い。団体ごとに条件が違うので、そこもハードルが高いのかなと思う。

獣医師として里親を希望される方に伝えたいことはありますか?

様々な経験をしたワンちゃんネコちゃんがいます。
飼うにあたって思い描いていたような性格の子であったり、一緒にいる生活が理想としていたものと違うとギャップを感じられる方もいるかもしれません。
ですが、ワンちゃんネコちゃんにとっては飼ってくれる方だけが頼りになります。
そのことをよくわかった上で責任を持って最後まで見えるかどうか、よくお考えになられて飼っていただきたいと思います。

メッセージをお願いします!

医療面やしつけなどを相談できるところを探しておいてください。
人と同じでワンちゃんネコちゃん皆個性があります。
思っていた性格と違うと思っても、その違うところが一番可愛いと思えるようになります。
もちろん色々悩むこともあると思いますが、保護犬(保護猫)を飼ったことがある方は皆さん似たような経験をしています。
なので1人ではないと思ってください。
もし悩むことがあるようでしたら、誰でもいいです、相談に乗ってくれるところはたくさんありますので、1人だと思わないでください。

イメージ

獣医師 樫本 雅士 先生

かっしー動物病院
千葉県浦安市
http://www.kassy-ac.com/

飼い主様と動物が幸せになれるように一緒に考え相談していきましょう。
飼い主様の協力なくして治療はできません。
信頼を得られるよう、広く深い知識、視野を持ち、飼い主様、動物にとって、最善の治療をご提案できるように常に努力し心掛けたいと思います。
また、難治性疾患や原因不明の病気に苦しんでいる動物や悩まれている飼い主様の力になれるよう大学病院などで研鑽しております。皮膚疾患、腫瘍疾患だけでなく、眼疾患、心疾患、神経疾患についてなど、何でもご相談下さい。よろしくお願い致します。